IMG_2183_02

米ヌカペレットを散布した田んぼ

 

todokemasu

除草剤などの農薬を一切使わず、米ヌカを散布した水田で発生する有機酸で雑草の増えにくい田んぼにしています。
肥料は米ヌカなどの有機資材を発酵させたもののみ使用。
土の中の微生物を活性化させる「環境保全型農業」で栽培したおコメです。

 


 

yuukiden_03

kaityousann02

株式会社タイワアグリ
会長 高井芳樹

動物はもちろん、植物・微生物など、全ての生きものには「生命(いのち)」があり、それがつながって循環する事により、人間も含めてすべての生きものが生きられる。その自然の摂理を実感できるのが私たちの有機田です。(天敵の原理)

コメにも野菜・肉・魚にも「生命」があり、食品として頂くことによって私たちは生きられるのですから、食事の前には必ず「(生命を)頂きます」と感謝する気持ちを次世代に伝えていきたいと思っております。

 


 

about03のコピー

親会社である、精米機メーカー(株)タイワ精機社員の有志と共に、
結成した「タイワ有機稲作研究会」が、
本社工場に隣接する水田でお米を作っています。

IMG_0397

害虫対策のあぜ草刈り

 


 

yuukimai_tabeyou

IMG_2150のコピー

大きく育てた苗を植える為、6月に田植え

 

JAS法に基づき、農林水産大臣に登録された機関(登録認証機関)により認証を受けた生産者が生産したお米を有機米と言います。有機米にはJAS規格に適合した生産が行われていることを表す有機JASマークが付けられています。

.pdf

 


 

「タイワ有機稲作研究会」のメンバーを紹介します。

 

「せんむ」代表取締役専務 石仙 博男

うんまい!立山の雪解け水で育った
うんまい!タイワのコシヒカリ。
皆さんが笑顔になれるような
うんまい!お米をお届けします

senmu

 

「里部長」有機稲作研究会会長 里 至博

田んぼの生き物と共存できる
美味しい米づくりを目指しています。
いまはドジョウを使った雑草対策の
実験中!

160902satobucho

 

「カッキー」 農場長 柿下 豊

タイワ米を食べてくださる
全ての人たちを笑顔にする為に
頑張っています!!

kakkie

 

「くまちゃん」 熊本 研二

美味しいお米を作る為に
日々頑張っています。
是非たべてみてください!

kumachan


 

taiwaaguri_katsudou

無農薬有機の米づくり体験

平成16年から、富山ライオンズクラブの企画・主催の田植えと稲刈り体験に協力。社会福祉法人「ルンビニ園」の児童が参加して、「水田に生息するいきものとの触れ合い」「自然環境の大切さ」を楽しく学んでいます。

dsc04305_03

dsc03400_02

dsc06053_02

dsc06047_02

 


 

 

about02

農薬を使用していないので、たくさんの生物が田んぼに集まってきます。

oyogu2

tobu2

haneru2

other2

 

 

oyogu2

イトトンボのヤゴ

普通のトンボより、細いイトトンボ。

hounenebi

エビ

ホウネンエビ?

otamajakusi

おたまじゃくし

カエルの子ども。水中をすいすい泳ぎます。

kai

カイエビ

約一億年前からいる生き物。たくさんの脚を使って泳ぐことで、泥がまざって水がにごり、日差しが遮られて草が生えにくくなります。

kagerou-yochu

カゲロウの幼虫

カゲロウは産後すぐに死んでしまうので、はかないものの例えでよく使われます。

gengoro

ゲンゴロウ

池や沼にすんでいます。青みがかった黒色の背中をしています。

dojo

ドジョウ

小さい魚。形はウナギに似ていて、10本のひげがあります。

mijinko

ミジンコ

池や沼に浮いて動く、数ミリ以下の動物。魚のえさにもなります。

イトトンボのヤゴ

普通のトンボより、細いイトトンボ。

medaka

メダカ

池や小川に住んでいて、水面の近くを泳ぎます。

 

tobu2

aosagi

アオサギ

頭の後ろに灰色の長い毛を持っています。

akatonbo1

赤トンボ

小さくて赤いトンボ。群れて飛びます。童謡にもでてきます。

kamo

カルガモ

あぜに巣を作っています。田んぼをすいすいと泳ぎます。水草を食べますが、たまに稲穂も食べてしまいます。

shirosagi

サギ

水辺にいる大きい鳥です。長い首をじょうずに使い、水中や水辺の小動物をつかまえてエサにします。

shiokara1

シオカラトンボ

日本の平地でよく見かけるトンボです。オスは青白く、メスは黄色の体をしています。

tsubame

ツバメ

春になるとやってきて、子育てする渡り鳥。田んぼの虫を食べてくれます。春の訪れを教えてくれます。

ホタル

腹部に発光器をもっていて、暗い所では青白い光を放ちます。ほとんど光らない種類のホタルもいます。

tonbo

モートンイトトンボ

湿地の宝石ともいわれるトンボ。かつては水田でよく見られましたが、現在はとても少なくなっています。(絶滅危惧Ⅱ類)

 

haneru2

amagaeru

アマガエル

手や足に吸盤を持っているカエル。木の上にも登れます。雨が近づくと、鳴き出します。

tutigaeru

土ガエル

背中は黒色で、たくさんのイボ状の突起があります。

kaeru

トノサマガエル

田んぼで産卵して、害虫のウンカやイナゴを食べてくれます。富山県では準絶滅危惧種に指定されています。

 

other2

kamemushi

カメムシ

おいしい米汁を吸ってしまう害虫。たくさん現れることがあります。触ると手が臭くなりますのでご注意ください。

kumo

クモ

糸を出して網をはります。網にかかった虫を毒でマヒさせて食べます。世界には約3万種いるそう。

tanishi

タニシ

田んぼに住む巻貝。貝がらにはフタがあります。食べることもできるのでホタルのエサになることも。

marudobu

マルドブ貝

最大16センチもある大きな貝。